朱欒 しゅらん朱欒 しゅらん

作品を通じて刺激しあい、高めあう、
表現の場を作りたい

その想いから私たちは立ち上がりました。
大正期、同人誌『朱欒』の創作活動で見られたような、作品発表(投稿)や批評(コメント)のできるサイトです。
俳句、短歌、小説、イラスト、写真、動画などジャンルを選んで投稿してください。
たくさんの作品をお待ちしています。

座朱欒プロジェクト プロジェクションマッピング@城山公園 作品発表

 座朱欒(ざしゅらん)プロジェクト実行委員会は2月29日(土)、松山市の城山公園でプロジェクションマッピングの作品発表会を行いました。
 プロジェクトでは大正時代末期、若かりし頃の映画監督・伊丹万作や俳人・中村草田男らが作品を持ち寄って批評しながら切磋琢磨した回覧雑誌「朱欒」の精神を現代に引き継ごうと、「夢」をテーマに県内の高校生から30代までの4チームのべ12人が約2カ月半かけて作品作りに挑みました。

 作品を投影したのは松山市民会館の西側壁面全体。高さ最大23㍍、幅最大42㍍の巨大なスクリーンを、現代の若者たちの「夢」の世界が彩りました。また、県内の子どもたちが描いた「夢の絵」を使った河村陽介講師(メディアアーティスト)の作品も披露されました。
 当日は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、無観客での開催となりました。

以下作品の説明です。

  • グループ1
    バクが愛媛の観光名所を巡る女の子が見た夢の世界
  • グループ2
    夢と現実の葛藤を文字で表現
  • グループ3
    神社の夢。千客万来を夢見るが、地元に愛される今も幸せと気付く
  • グループ4
    坊っちゃん列車で世界一周、銀河の旅へ
  • 講師作品
    松山城のたぬき伝説がモチーフ。たぬきが子どもたちの「夢の絵」に化ける